米軍犯罪被害者救援センター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

F22「常駐への布石か」 嘉手納町民疑念

F22「常駐への布石か」 嘉手納町民疑念 【沖縄タイムス 2012年7月29日(日)】

 【嘉手納】操縦士の体調不良防止策が不完全なまま、米空軍のF22ステルス戦闘機8機が28日、嘉手納基地に飛来した。「試験的」ともいえる配備に、町内からは「住民の命をどう思っているのか」と疑問の声が相次いだ。2007年以降、6回目の配備だが、過去最長の6カ月になるため「常駐化への布石ではないか」との疑念も渦巻いている。

 滑走路に近い嘉手納町東区の島袋敏雄自治会長は「F22は戦闘機の中でも一番うるさい。朝から訓練でもされたら、大変なことになる。オスプレイ反対の県民大会も迫る中、怒り心頭だ」と憤る。「配備が6カ月というのも信用できない。なし崩し的に常駐化するのではないか」と、米軍への不信感をあらわにした。

 同町議会基地対策特別委員会の田仲康榮委員長は「不具合対策が完了してないのに、試験的に嘉手納へ配備するのは町民、住民の命を虫けら同然に思っているからだ」と語気を強める。

 8月1日の臨時会で抗議決議と意見書を提案する予定で「理不尽な米軍、日米両政府に、厳しく抗議する」と力を込めた。

 第3次嘉手納爆音差し止め訴訟原告団の平良眞知事務局長は「F22は、F15やFA18以上の爆音が発生する。欠陥を抱えたまま訓練するなんて、沖縄は無人島ではない」と批判。「オスプレイと同様、県民を侮辱する配備は絶対に許さない」として、週明けに抗議する考えを示した。

スポンサーサイト
  1. 2012/07/29(日) 16:48:43|
  2. 情報

F22・8機が嘉手納飛来 きょうにも残り4機

F22・8機が嘉手納飛来 きょうにも残り4機 【沖縄タイムス 2012年7月29日(日)】

 【嘉手納】米空軍のステルスF22戦闘機8機が28日、嘉手納基地に飛来した。残り4機は29日にも到着する予定で、計12機(1個飛行隊)は約6カ月間、同基地に暫定配備され、沖縄上空で訓練する。垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備に対する県民の反発が強まる中、F22の長期配備は爆音増加と危険性が高まり、批判を呼びそうだ。嘉手納への暫定配備は昨年1~4月以来。2007年以降、6回目。

 F22は同日午後1時57分から、4機が嘉手納へ飛来。同2時28分すぎ、さらに4機が到着した。いずれも行楽客でにぎわう北谷町美浜上空で爆音をとどろかせながら旋回し、同町砂辺側から着陸した。8機は米バージニア州ラングレー空軍基地所属。

 F22は操縦士らが低酸素症とみられる症状が相次いだため、長距離飛行訓練を中断していた。米国防総省は「安全が確保された」と強調しつつも、「不具合の防止策は完了していない」とも説明している。

 嘉手納町の當山宏町長は「防止策が不完全なまま半年も訓練すれば、確実に騒音被害に拍車が掛かり、事故やトラブルも増えるだろう。一日も早い撤退を求める」と米軍を批判。さらに「オスプレイ反対が強まる中でのF22配備は、県民感情をさらに逆なでする。一切配慮しない米軍や、容認する日本政府の姿勢は許されない」と語気を強めた。

  1. 2012/07/29(日) 16:47:39|
  2. 情報

オスプレイ:「操縦士ミス」と結論

オスプレイ:「操縦士ミス」と結論 【沖縄タイムス 2012年7月28日(土)】

 【平安名純代・米国特約記者】米軍当局がモロッコで起きた米海兵隊の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの墜落事故についてまとめた調査報告書で、原因を飛行経験の浅い副操縦士の判断ミスによるものと結論付けていたことが27日までに分かった。内容は近く日本政府に通達される見通し。複数の米軍筋が沖縄タイムスの取材に明らかにした。

 同機の操縦歴10年の海兵隊パイロットは、報告書の内容について本紙に対し「これまでの墜落事故で人為的ミスだと結論付けられたケースはたくさんある。再発を防止するには、オスプレイの操縦の複雑さをまず認める必要がある。その上で操縦士らのミスを防ぐ方法を考えなければならない」と述べた。

 報告書は、離陸直後にスピードがまだ十分出ていないにもかかわらず、操縦士が垂直飛行から慌てて水平飛行に移ろうとしたため、機体のバランスを崩したと指摘。そうした状態でさらに後方から追い風を受け、飛行経験の少ない副操縦士が体勢の立て直しに失敗したため墜落に至ったなどと説明しているという。

 その上で、事故がオスプレイの機体構造に起因するものではないと指摘している。

 米軍筋によると、米側は米軍普天間飛行場への同機の配備を前に、日本側に対して再発防止対策として、こうした注意点などを操縦士らの飛行マニュアルなどに反映させ、指導を強化し技術向上を図るなどと説明する見通し。

 事故は4月11日、米軍とモロッコ軍との合同訓練中に発生し、米兵2人が死亡、2人が重傷を負った。米側は6月に「機体に問題はなかった」と正式に発表。人為的ミスが原因との見解を日本側に非公式に伝えている。

  1. 2012/07/29(日) 16:46:41|
  2. 情報

オスプレイ飛行計画ルートにイヌワシ生息地 

オスプレイ飛行計画ルートにイヌワシ生息地  【中日新聞 2012年7月28日(土)】

 米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが訓練で低空飛行を計画しているルートの下には、絶滅危惧種のイヌワシやクマタカ、ライチョウなど希少な鳥の生息地が数多くあることが環境保護団体「日本自然保護協会」の分析で28日、分かった。

 国の天然記念物で個体数が650羽と推定されるイヌワシは、12県で生息地が飛行ルートと重なっており、同協会は「騒音などの影響で、絶滅の危機に一層追いやられてしまう」としている。

 オスプレイ配備に伴う米軍の環境審査報告書で訓練に使うとしているのは沖縄に加え、本州、四国、九州の5ルートと奄美諸島付近の計6ルート。

  1. 2012/07/29(日) 16:43:55|
  2. 情報

オスプレイ、山間低空飛行は危険 米専門家が指摘

オスプレイ、山間低空飛行は危険 米専門家が指摘  【西日本新聞 2012年7月26日(木)】

 【ワシントン共同】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備予定の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて、米国防総省系の研究機関で性能分析を担当していたレックス・リボロ元主任分析官は26日までに、海兵隊が日本国内の複数のルートで計画している低空飛行訓練で、山間地域を飛ぶ場合は風の影響などで操縦ミスを起こしやすいと警告した。

 ただ普天間周辺で通常の飛行を続けている限りは、現在配備されている旧式のCH46中型輸送ヘリコプターより「安全」とも指摘。山間部での訓練は、普天間周辺よりはるかに危険としている。共同通信の取材に答えた。

  1. 2012/07/29(日) 16:42:24|
  2. 情報

F22配備は12機6カ月 あすにも嘉手納に

F22配備は12機6カ月 あすにも嘉手納に 【沖縄タイムス 2012年7月27日(金)】

 真部朗沖縄防衛局長は26日の定例記者会見で、米空軍のF22ステルス戦闘機12機(1個飛行隊)が28日ごろから嘉手納基地へ約6カ月間にわたって暫定配備されることを明らかにした。在日米軍司令部から外務省を通じて連絡があった。県は26日、F22の飛来によって基地周辺住民の一層の負担増となる懸念を日米の関係機関に伝えた。嘉手納への一時配備は昨年1~4月以来。2007年以降、6回目となる。

 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備が問題化する中、外来機の長期配備は関係自治体の反発を招くことは必至だ。

 F22の運用をめぐり、操縦士らが低酸素症のような症状に陥る事例が報告され、酸素供給装置の不具合が指摘されていたが、同司令部から日本側への連絡では不具合に関する説明はなかったという。

 真部氏は「(24日の)米国防総省報道官の会見によって、(不具合に対する)一定の措置が取られ、国防長官の承認を得て(嘉手納へ)暫定配備されると承知している」と述べ、間接的な把握にとどまっているとした。

 暫定配備の目的について同司令部は「日本の防衛に資する」としている。

 県基地対策課の池田克紀課長は26日、嘉手納基地渉外部、沖縄防衛局、外務省沖縄事務所に対し、騒音面などで周辺住民の負担増につながらないよう口頭で申し入れた。

 池田課長は「嘉手納基地で目に見える形で負担軽減が図られていない現状で、外来・常駐機にかかわらず訓練で県民に被害や不安を与えることがあってはならない」と指摘。同基地側は「上司に伝える」と応じた。

  1. 2012/07/28(土) 09:41:38|
  2. 情報

米軍池子住宅地区:米軍家族向け本設小来月にも着工、南関東防衛局が市に説明/逗子

米軍池子住宅地区:米軍家族向け本設小来月にも着工、南関東防衛局が市に説明/逗子 【カナロコ 2012年7月26日(木)】

 南関東防衛局の山本達夫局長は25日、逗子市役所に平井竜一市長を訪ね、米軍池子住宅地区で計画している米軍家族向け本設小学校建設工事に8月6日にも着手する、と報告した。

 同工事は、2万4600平方メートルの敷地に鉄筋コンクリート造3階建ての本設小学校(総面積約9860平方メートル)と倉庫(同10平方メートル)、運動場2カ所(同計6200平方メートル)、屋外遊具場(同千平方メートル)などを整備する内容。総工費は約34億円で、2014年3月の完工予定。

 同住宅地区の児童(1~5年生)は現在、1~3年生が住宅地区内の仮設小学校に、4、5年生は横須賀海軍施設内の小学校へ通う。本設小完成後は幼稚園6クラス、1~5年生34クラスの計約800人が学ぶ。

 建設予定地近くでは現在、オオタカが営巣。まもなくヒナが巣立つ見込みだが、巣立ちが遅れた場合は着手の日程を見直す可能性もあり、着工後も再びオオタカが営巣する来年2月から7月までは工事を中断する計画という。

 同防衛局は、工事関連車両の最大通行台数(1日当たり)を大型車約50台、小型車約50台と見込んでいるため、平井市長は交通対策の強化と住民への情報提供などを申し入れた。

 山本局長は「市民の負担にならないよう最大限に配慮する。工事予定などは住民にチラシを配布して伝える」と応じた。

  1. 2012/07/28(土) 09:34:05|
  2. 情報

オスプレイがプロペラ回転

オスプレイがプロペラ回転 【琉球新報 2012年7月25日(水)】

untitled2.jpg
米軍岩国基地で主翼のプロペラを回転させる垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ=25日午前11時8分、山口県岩国市

 米軍岩国基地(山口県岩国市)に搬入された垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが25日午前11時5分ごろ、主翼のプロペラを回転させた。整備・点検作業を本格化させたとみられる。共同通信の記者が確認した。

 米軍岩国基地報道部は24日、オスプレイについて「地上で必要な整備や作業を行う」とした上で将来の飛行に備えるため、エンジンを始動させるほか、プロペラを回転させると発表していた。

 日米両政府は4月にモロッコで起きた事故などの原因が判明するまで飛行を見合わせることで合意しているが、森本敏防衛相は既に、地上で飛行に必要なエンジンを整備することはあり得るとの認識を示している。
(共同通信)



  1. 2012/07/28(土) 09:32:29|
  2. 情報

ハリアーが緊急着陸 嘉手納基地

ハリアーが緊急着陸 嘉手納基地 【琉球新報 2012年7月25日(水)】

 【嘉手納】米海兵隊所属のAV8Bハリアー攻撃機が24日午後2時ごろ、米軍嘉手納飛行場を離陸直後に車輪が収納できなくなるトラブルが発生し、同飛行場に緊急着陸した。目撃者によると、燃料とみられるものを放ちながら同基地上空を旋回した後に着陸した。

 米海兵隊によると、同機は第31海兵遠征隊所属で、通常訓練のため嘉手納飛行場を離陸した直後にトラブルが発生した。定められた手順に従い、高度6千フィート(約1829メートル)以上まで上昇して燃料を「調整」し、着陸したとしている。投棄した燃料の量は不明。同機はその後、再給油して再度訓練のため離陸した。

 海兵隊は「この事象で部品紛失やけがは発生していない。通常訓練は地域の安全と安定のために重要だ。私らは飛行や地域住民の安全を真剣に考えている」とした。

 航空機が緊急着陸する場合、火災防止や機体を軽くするため燃料を空中投棄することがある。同飛行場では昨年も米空軍所属のF15戦闘機が機体の不具合で帰還する際、高度2万フィートの指定燃料投棄空域で燃料を放出している。



  1. 2012/07/28(土) 09:27:19|
  2. 情報

F22長距離飛行再開へ 近日中に嘉手納派遣

F22長距離飛行再開へ 近日中に嘉手納派遣 【琉球新報 2012年7月25日(水)】

 【ワシントン共同】米国防総省は24日、操縦士が低酸素症に似た症状を訴えたため、運用地域を限定していた空軍の最新鋭ステルス戦闘機F22について、長距離飛行を伴う運用を再開すると発表した。近日中に米国内の基地から数機を米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)へ派遣する。

 同省のリトル報道官によると、原因は操縦席の酸素供給システムの不備など。システムに改良を加えることで、酸素供給量を増やしたという。

 ただ防止策は完了していないとして、嘉手納へ向けての飛行中は高度やルートに一定の制限を設ける。今秋までに対策を終えた後、制限を完全撤廃し、全面運用に踏み切る見通しだ。
(共同通信)

  1. 2012/07/28(土) 09:25:22|
  2. 情報

元知事らアピール 「オスプレイ反対の声上げよう」

元知事らアピール 「オスプレイ反対の声上げよう」 【沖縄タイムス  2012年7月25日(水)】

20120725_0935_WuqnLxbJ_r.jpg
県民大会成功へアピールを発表した呼び掛け人=24日、県庁記者クラブ

 オスプレイ配備に反対する県民大会の成功に向け、大田昌秀元知事や稲嶺恵一前知事らが名を連ねるアピールが24日、発表された。「学校、家庭、職場から反対の声を上げよう」と訴える内容。呼び掛け人のうち4人が県庁で記者会見し、「県民の最大公約数の要求だ」と語った。

 アピールは屋富祖建樹琉球大元教授と昌子元助教授の夫妻が「欠陥機の配備阻止に力を合わせたい」と考え、呼び掛け人と何度もやりとりして仕上げた。つてをたどり歌手やお笑い芸人から医師会会長まで46人の協力を取り付け、「私たちができる限界までやった」と話す。

 屋富祖夫妻は昨年末にも米軍普天間飛行場移設問題でアピールを仕掛けた。この時も呼び掛け人になった新崎盛暉沖縄大元学長は「面識もなく、誰だろうと思った」と笑いつつ、「やむにやまれず動きだした夫妻に賛同した」と語った。

 ジャーナリストの由井晶子さんは「保守系とされる人も名を連ねた。辺野古の新基地建設阻止の運動が続いてきた結果だ」と指摘した。

 オスプレイ配備について、石川・宮森630会の豊濱光輝会長は「宮森小事件で、私たち教職員は子どもたちを救えなかった。事故は必ず起きる。大人はこの飛行機を(沖縄に)入れてはいけない」と訴えた。

 県子ども会育成連絡協議会の玉寄哲永会長は、孫たちがオスプレイを「ミスプレイ」と呼んでいることを紹介し、「県民全体で阻止する」と強調した。

  1. 2012/07/28(土) 09:24:12|
  2. 情報

県警、住民どかす 高江ヘリパッド

県警、住民どかす 高江ヘリパッド 【沖縄タイムス 2012年7月25日(水)】

20120725_0934_7s08oXah_r.jpg
公道に寝ころび、工事中止を求める男性の手を引く名護署員=24日、東村高江(ヘリパッドいらない住民の会提供)

 【東】米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)移設工事が24日、N4地区とよばれる移設予定地であり、沖縄防衛局職員や業者らがクレーンを使って砂利を搬入した。ダンプカーの前に座り込む住民ら数人を名護署員が路肩へ引きずり出す場面もあり、騒然とした状況が続いた。

 N4地区には南北2カ所のゲートがあり、今回の搬入作業はこれまで作業が行われていた北側ゲートではなく、南側ゲートで午前10時半ごろから実施された。

 工事に反対する住民や支援者ら約50人が座り込み、「(南側ゲートは)道路使用許可は取っておらず、作業はできない」と指摘し、工事中止を求めた。作業はそのまま続き、午後0時半ごろに中断。その後、作業は行われなかった。

 午後には防衛局職員が訓練場のメーンゲートから入ったことを受け、住民らが同ゲートで座り込みを続けた。同局は昨年まで「工事においてメーンゲートを使用しない」としていたが、住民らによると、7月に工事が本格的に再開されて以降、同ゲートから重機などが搬入されているという。

 住民らは同局のメーンゲート使用や同署の対応を批判。「署員に肩をつかまれ引っ張られた」というヘリパッドいらない住民の会の男性は「2007年の座り込み当初からいるが、初めて強制的にどかされた。公道以外で座り込む人もどかしていて、防衛局と結託しているとしか思えない」と憤った。

 基地の県内移設に反対する県民会議の山城博治事務局長は「使用しないとしていたメーンゲートも使っている。しっかり警戒して、工事を止めないといけない」と語った。

 沖縄タイムスの取材に対し、同署は「公道に座り込んでいたため、危険防止、安全確保のために何人か引っぱったりもしたが、強制排除にはあたらない」と回答。道路使用許可については「使用許可は出しているが、一部提出書類と異なる部分があったため、作業を中断してもらった」とコメントした。

  1. 2012/07/28(土) 09:20:24|
  2. 情報

F16墜落、三沢市長「市民の不安は頂点に」

F16墜落、三沢市長「市民の不安は頂点に」 【読売新聞 2012年7月24日(火)】

. 米軍三沢基地所属のF16戦闘機が千島列島沖の太平洋上で墜落した事故で、同基地のバン・ウィマー副司令官は24日、青森県三沢市役所を訪れ、種市一正市長に事故報告をした。


 副司令官は事故原因について「(機体に)機械的な不具合が生じ、パイロットは正常な飛行が保てなくなった」と述べた。これに対し、種市市長は「市民の不安は頂点に達している。原因究明に努めてほしい」と苦言を呈した。

 緊急脱出した男性パイロットは独立行政法人水産総合研究センターの船に救助されたが、同センターによると、パイロットは「エンジントラブルがあった」と話していたという。

 同基地はF16戦闘機の飛行を自粛している。

  1. 2012/07/28(土) 09:17:04|
  2. 情報

オスプレイ、60メートル低空飛行訓練も想定

オスプレイ、60メートル低空飛行訓練も想定 【沖縄タイムス 2012年7月24日(火)】

 米軍が垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ配備後に本州、四国、九州で計画する低空飛行訓練を、地上60メートルの低さでも実施を想定していることが24日、分かった。訓練は中国山地を東西に横断するとみられるルートでも予定している。米軍が日本政府に提出した文書や、米軍への共同通信の取材で明らかになった。

 日本国内を広い範囲で低空を飛ぶ実態があらためて浮き彫りになり、各地で訓練の危険性に懸念が強まりそうだ。

 低空飛行訓練の高度は、米軍が日本での運用に向けて作成した環境審査報告書の添付資料に明記された。(共同通信)

  1. 2012/07/28(土) 09:15:30|
  2. 情報

「安全二の次」怒る岩国市民

「安全二の次」怒る岩国市民 【中国新聞 2012年7月24日(火)】

 ここに暮らす我々の安全は二の次か―。岩国市の米海兵隊岩国基地に垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが搬入された23日、相次ぐ事故に懸念を抱く市民からの怒りの声が噴出した。不満や不安は基地に協力的な人たちにも広がっている。国や基地へ向けられた目線はかつてなく厳しい。

 ことし4月と6月に墜落事故を起こし、9人が死傷したオスプレイ。基地対岸の同市尾津町の堤防で抗議した市民たちは安全性への疑念をぶちまけた。

 「住民投票の成果を活かす岩国市民の会」の藤川俊雄さん(64)=同市平田=は「飛ぶ資格のない機体だ。市長は基地に乗り込んででも配備中止を強く求めるべきだ」と強調。近くの主婦村上由佳里さん(51)は、「低空飛行訓練が実施されれば事故が起きるにちがいない。命を守るための抗議です」と声をからしていた。

 2014年までに空母艦載機59機の移転が予定される岩国基地。愛宕山への米軍住宅地建設に対する反対運動も依然として根強い。相次ぐ「地元負担」が国への不信感も増幅させている。

 一方、基地に隣接する同市車町の車第三自治会の山縣克彦会長(65)は「基地近隣の市民がこれまで受けてきた被害を知ってもらい、日米安保のあり方を根本から見直す契機になれば」と願った。

 「どんどん国に既成事実をつくられてきたが、市民はいつまでも黙っていない。運動は市民の間に広がっていくと思う」。堤防での抗議集会の最後にあいさつした愛宕山を守る会の天野一博事務局長(61)はこう指摘した。

  1. 2012/07/24(火) 07:41:37|
  2. 情報

陸海で住民抗議 オスプレイ

陸海で住民抗議 オスプレイ 【中国新聞 2012年7月23日(月)】

Tn20120723012701.jpg
Tn20120723012702.jpg


 「オスプレイはいらない」「危険な機体は米国に持って帰れ」―。垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの陸揚げが始まった23日早朝、岩国市の米海兵隊岩国基地周辺では住民たちの怒号が響いた。集まった約300人は沖合にボートも繰り出して抗議し、陸と海から怒りの声を上げた。

 門前川を挟んで基地の対岸に位置する同市尾津町の堤防。山口県内や同じく米軍基地がある沖縄県など各地の市民団体のメンバーたちが23日未明から続々と集まってきた。

 午前5時すぎ、海岸線からオスプレイを載せた民間輸送船グリーンリッジの黒く巨大な船影が現れると「オスプレイは来るな」などと記した横断幕やプラカードを掲げた抗議の声はヒートアップ。「配備反対。日本の空を飛ぶな」などとシュプレヒコールを繰り返した。

 近くの河口では市民団体「ピースリンク広島・呉・岩国」などのメンバーら25人が漁船とゴムボート、シーカヤックの計9隻に分乗して海上デモに次々に出発。輸送船に向かって「配備をやめろ」などと英語と日本語の2カ国語で訴えた。

 輸送船は午前6時すぎ、基地の港湾施設に接岸して陸揚げ作業を始めた。基地監視団体リムピース共同代表の田村順玄・岩国市議は「米国の言いなりとなり、住民の安全をないがしろにする行為は許されない。飛ばさせずに米国に送り返すまで抗議を続ける」と語気を強めた。

【写真説明】オスプレイ搬入に海上から抗議する市民団体のメンバーたち。後方がオスプレイを運搬したグリーンリッジ=23日午前7時47分、岩国沖(撮影・浜村満大)
【写真説明】米海兵隊岩国基地近くの堤防道路でオスプレイの先行搬入反対を訴える市民団体のメンバーたち(午前5時40分、岩国市尾津町)

  1. 2012/07/24(火) 07:40:40|
  2. 情報

岩国市長、安保協力を転換も

岩国市長、安保協力を転換も 【琉球新報 2012年7月23日(月)】

 山口県岩国市の福田良彦市長は23日午後、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの陸揚げに関し「国と地方の信頼関係が損なわれれば、われわれの安全保障政策への立ち位置も大いに変更せざるを得ない」と指摘、これまでの国への協力姿勢を転換する可能性を示した。 二井関成知事は同日午前、オスプレイの一時駐機が岩国で長期化した場合、在日米軍再編に伴う厚木基地からの空母艦載機移転を「考え直さねばならない」と発言。従来の容認姿勢を改める可能性を示唆しており、市長も同調した形だ。
(共同通信)



  1. 2012/07/24(火) 07:38:30|
  2. 情報

オスプレイ配備ムリ 国際通り700人デモ

オスプレイ配備ムリ 国際通り700人デモ 【沖縄タイムス 2012年7月23日(月)】

20120723_0929_mB6HbLk7_l.jpg
アフリカや中南米の楽器を打ち鳴らしながら、「ノー オスプレイ」と声を上げる人たち=那覇市・国際通り

 「ノー オスプレイ」「ラブ オキナワ」―。那覇市の国際通りを22日、楽器を奏でてリズムに乗りながら、「ムリだよ!オスプレイ」とアピールするデモがあった。ミュージシャンらが、沖縄平和運動センターや県統一連でつくる「基地の県内移設に反対する県民会議」と一緒になって、国際通りを“占拠”した。

 参加者は労働組合や平和団体のメンバーに加え、ツイッターの呼び掛けを見てきた人らも集まり、総勢約700人(主催者発表)。

 県庁前の県民広場で集会を開いて後、午後6時ごろから1時間余、国際通りをデモ行進。持ち寄った中南米やアフリカの楽器を鳴らし、空き缶で作ったマラカスを振るなどしつつ、DJ風の「ノー オスプレイ」「ノー ヘリパッド」という呼び掛けに声を合わせて練り歩いた。

 楽器を演奏したり、踊ったりしながら「オスプレイはムリ」と国際通りをデモするのは、昨年10月に続いて2回目。

 普段のデモ行進に比べ、目立ったのは家族連れなど若い参加者の多さ。

 読谷村の会社員諸留(もろどめ)将人さん(32)は、1歳4カ月の長女を抱えながらの参加。バンドで使うアフリカの太鼓をたたきながら、デモに初めて参加した。「ノーって言い続けるのって苦しくなると思う。こういうポップな感じで、みんなが楽しく反対運動できるのはいい。岩国の人にもメッセージが届いたらいいな」

 浦添市のミュージシャン丸山誠さん(39)も妻子と一緒。「どんな表現方法でも、声を出さないと政治家には届かない。責任を持って参加することが大事。オスプレイは機体にも説明にも信頼感がもてない」と話した。

  1. 2012/07/24(火) 07:37:26|
  2. 情報

米軍機F16、千島沖で墜落=漁業調査船がパイロット救出

米軍機F16、千島沖で墜落=漁業調査船がパイロット救出 【時事ドットコム 2012年7月22日(日)】

 22日午前11時20分ごろ、千島列島沖の太平洋上で、米空軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が墜落した。乗員はパイロット1人で墜落前に脱出。約6時間半後、付近を航行中の漁業調査船がパイロットを発見して救助した。命に別条はないという。

 三沢基地によると、F16は米国の基地に向かう途中で墜落した。同基地が事故原因を調べている。

 第1管区海上保安本部(北海道小樽市)によると、墜落現場は北海道根室市から北東に約870キロ離れた千島列島沖の公海上。近くを航行していた北海道区水産研究所所属の漁業調査船「北光丸」が要請を受け、付近海域を捜索した結果、パイロットを発見した。
  1. 2012/07/23(月) 07:40:27|
  2. 事件

オスプレイ高重量で墜落リスク モード転換時 急激降下

オスプレイ高重量で墜落リスク モード転換時 急激降下 【琉球新報 2012年7月21日(土)】

 【米ワシントン19日=松堂秀樹本紙特派員】米軍普天間飛行場への配備計画が進められている垂直離着陸輸送機MV22オスプレイが、強みとされる搭載能力の高さが原因で墜落する可能性があることが分かった。本紙が入手したオスプレイのフライトマニュアルに記載されている。マニュアルでは高い重量の搭載時にエンジンが停止し、滑空のため飛行機モードに転換した場合、急激に降下して墜落する危険性があると指摘。墜落を避けるため転換モードでできるだけ上昇するよう求めている。

 回転翼の揚力で着陸できるようにする「オートローテーション(自動回転)」機能が2002年に同機の開発推進条件から削除されていたことは05年に本紙などが報じたが、09年の米議会調査局(CRS)が報告書であらためて指摘していた。

 防衛省が作成したオスプレイ配備に向けた小冊子は搭載貨物量を比較し、オスプレイの内部搭載量は9100キロ(CH46は2300キロ)、外部搭載量が5700キロ(CH46は2300キロ)と記している。

 日本政府はオスプレイ配備について「(CH46中型輸送ヘリと比べ)速度は2倍、搭載量は3倍、行動半径は4倍と高性能。抑止力が高まる」(玄葉光一郎外相)と有用性を強調。米海兵隊は「オスプレイはエンジン停止時にオートローテーションに頼らず、飛行機モードで滑空できる」としている。

 だが、フライトマニュアルは「エンジン停止時、高重量を搭載した状態で飛行機モードに転換すると、高度を失って結果として地面に衝突する可能性がある」と指摘している。

 搭載能力が格段に向上すると強調されているにもかかわらず、非常時の滑空の際に高重量に耐えられず墜落する危険性が高まる矛盾が浮き彫りになった。

 議会調査報告によると、オスプレイは00年4月と12月に墜落事故が相次ぎ、飛行停止措置が取られ、コーエン国防長官(当時)が調査委員会を設置。だが、同委員会は「ティルトローターの技術に基本的な欠陥はなく、開発を継続すべき」と結論付けた。02年5月に試験飛行が再開された際、海軍省はオートローテーションや生物化学兵器などへの防御などの機能が必要条件から削除されていた。




  1. 2012/07/21(土) 11:29:25|
  2. 情報

米海軍横須賀基地元従業員の遺族、石綿被害で提訴へ/神奈川

米海軍横須賀基地元従業員の遺族、石綿被害で提訴へ/神奈川 【カナロコ 2012年7月20日(金)】

 米海軍横須賀基地(横須賀市)の従業員が中皮腫で死亡したのはアスベスト(石綿)の被害対策が不十分だったためとして、従業員の遺族が25日、国に6500万円の損害賠償を求める訴えを横浜地裁横須賀支部に起こす。従業員の父親も同基地内での労務をめぐる過去のじん肺訴訟で原告となっており、横須賀では親子2代にわたって訴訟に参加する初の例となる。

 原告は元基地従業員、吉田耕一さん=当時(53)=の遺族3人。

 訴えによると、吉田さんは1980年から横須賀基地の艦船修理廠(しょう)に勤務。設計部門の担当者や修繕現場の総監督として艦船内に立ち入ることが多く、その際にアスベストの粉じんを浴びたという。

 吉田さんは昨年6月に体調不良を訴え、入院したが昨年10月に死亡した。アスベストを直接扱わない職種では対策が遅れたため、国に安全義務違反があるとしている。横須賀労働基準監督署は本人死亡後の今年1月、労災と認定した。

 横須賀基地では、艦船にかつて大量のアスベストが使われていたことから、従業員の健康被害が続発。99年から集団訴訟が3次にわたって起こされ、2005年までに解決している。

◆「つらかった」と父、息子の病名を死亡時に聞く
「つらかった」。吉田さんの父、寅蔵さん(85)は、息子の病名を死亡時に初めて知った。親子2代で基地に勤めたが、職場で顔を合わせることは少なかった。

 自身も30年以上、機械修理工として艦船のプロペラやスクリューの修理に携わった。「仕事をしているときは(健康被害は)全然分からなかった」。2002年提訴の第2次横須賀基地じん肺訴訟に参加した。今も、歩くとすぐ息が切れる。

 吉田さんの妻千恵子さん(49)は「夫と同じような被害があるかもしれない。(国には)この先を考えてほしい」と話した。


  1. 2012/07/21(土) 11:27:27|
  2. 情報

厚木基地めぐり国などに要望書、綾瀬市と市議会が在日米大使館に/神奈川

厚木基地めぐり国などに要望書、綾瀬市と市議会が在日米大使館に/神奈川 【カナロコ 2012年7月20日(金)】

 綾瀬市と市議会は19日、市域の18%を占め深刻な騒音被害をもたらしている米海軍厚木基地の整理縮小や返還などを求める要望書を国や在日米大使館に提出した。

 市基地対策課によると、笠間城治郎市長と綱嶋洋一議長らが防衛省や外務省などに持参した。要望書では、米軍機の事故防止対策、基地関係の交付金の増額、住宅防音工事の対象区域の拡大なども求めている。

  1. 2012/07/21(土) 11:24:56|
  2. 情報

米原潜ルイヴィル、横須賀基地に入港/神奈川

米原潜ルイヴィル、横須賀基地に入港/神奈川 【カナロコ 2012年7月20日(金)】

 米海軍のロサンゼルス級原子力潜水艦ルイヴィル(6082トン、シスコ中佐ら138人乗り組み)が20日午前9時55分ごろ、米海軍横須賀基地に入港した。

 「乗組員の休養と物資の補給・維持」が目的とされている。横須賀市によると、原子力艦船の寄港は通算856回目で、今年に入って8回目。


  1. 2012/07/21(土) 11:24:08|
  2. 情報

米軍憲兵、60歳ドライバーに取り押さえられる

米軍憲兵、60歳ドライバーに取り押さえられる 【読売新聞 2012年7月19日(木)】

. 神奈川県警横須賀署は18日、横須賀市稲岡町、在日米海軍横須賀基地司令部憲兵隊所属のジャッキー・リー・トンプソン容疑者(37)を器物損壊容疑で現行犯逮捕したと発表した。


 発表によると、トンプソン容疑者は17日午後10時15分頃、同市大滝町の路上に停車中のタクシーのボンネットを素手でたたき、へこませた疑い。

 男性運転手(60)が取り押さえ、同署員に引き渡した。

 トンプソン容疑者は酒に酔っていた。容疑を否認しているという。

  1. 2012/07/20(金) 07:46:54|
  2. 事件

オスプレイ事故、5年で58件

オスプレイ事故、5年で58件 米軍資料で判明 【朝日新聞デジタル 2012年7月20日(金)】

t_SEB201207190068.jpg

t_SEB201207190067.jpg
翼を折りたたみ、日本へ向け輸送船に積み込まれるMV22オスプレイ=6月29日、米サンディエゴ、在日米軍司令部提供

t_TKY201207190659.jpg
オスプレイの事故件数

 沖縄への配備が予定される米軍の新型輸送機オスプレイに関連する事故が、量産決定後の2006~11年の5年間に58件起きていたことが米軍の資料で分かった。防衛省は地元自治体に過去の重大事故については説明していたが、全体の件数は明らかにしていなかった。オスプレイは23日にも岩国基地(山口県岩国市)に陸揚げされる予定で、沖縄県は政府に詳細な説明を求める方針だ。

 事故件数は海兵隊安全部と空軍安全センターがそれぞれ公開した文書やデータベースで明らかになった。

 それによると、米軍は航空機事故を三つに区分。死者や全身障害者が出たり、200万ドル以上の損害が出たりした事故を「クラスA」、重い後遺症が残るか50万ドル以上の損害が出た事故を「クラスB」、軽傷者か5万~50万ドルの損害が出た事故を「クラスC」としている。

 オスプレイには海兵隊型のMV22と空軍型のCV22があり、沖縄の普天間飛行場にはMV22が配備される。海兵隊の資料によるとMV22では06年10月~11年9月に計30件の事故が起きた。Aは飛行中の機体からの出火と乗員の転落事故の2件、Bはエンジンの出火や前脚が折れる事故など6件、Cはエンジン故障や火災、着陸時の衝撃による乗員の負傷など22件だった。

 MV22の事故の中ではエンジンの火災・故障が最も多く7件。次いで前脚の破損が4件を占めた。

  1. 2012/07/20(金) 07:46:03|
  2. 事件

高江描く朗読劇 「非戦の会」あすから東京

高江描く朗読劇 「非戦の会」あすから東京 【琉球新報 2012年7月17日(火)】

 【東京】平和を訴える朗読劇の上演活動を続ける劇作家や演出家、俳優の有志グループ「非戦を選ぶ演劇人の会」が18~19日、東村高江の米軍ヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設問題を題材にした「私(わん)の村から戦争が始まる」を東京・代々木の全労済ホール(スペース・ゼロ)で上演する。

 5月に関西で上演した作品を練り直し、今回は総勢約30人が出演。津嘉山正種、藤木勇人、冲直美、きゃんひとみ、ゴリら県出身の演劇人らが加わる。台本は「普天間」などの作品で知られる劇作家の坂手洋二氏ら3人が手掛けた。

 企画について同会は「原発、ダムなど、高江で起きていることはさまざまな問題と構図が似ているが、本土でほとんど取り上げられない。多くの人に知らせたい」と説明している。

 18日は午後7時、19日は午後2時開演。全席指定で1500円。チケットの問い合わせは(電話)03(3352)6922(青年劇場内)。同会ホームページでも案内する。


  1. 2012/07/17(火) 16:33:56|
  2. 情報

オスプレイ「安全性立証されず」 

オスプレイ「安全性立証されず」  【中日新聞 2012年7月17日(火)】

 【ワシントン共同】米軍が沖縄配備を予定する垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて、国防総省系の研究所で分析に当たっていた専門家が議会証言などで、近くを飛ぶ他機によって生じる乱気流の影響で墜落する危険性がある上、激しい飛行を要求される戦時任務での安全性は立証されていないと警告していたことが16日分かった。

 今年に入り、モロッコや米フロリダ州で発生した墜落事故は人為ミスのほか、訓練時に発生した追い風や予期せぬ気流が一因との見方が浮上している。米軍は沖縄配備後、日本各地で低空飛行訓練などを予定しており、関連自治体や住民の懸念がさらに高まりそうだ。

  1. 2012/07/17(火) 16:32:49|
  2. 情報

オスプレイ搬入反対誓い集会

オスプレイ搬入反対誓い集会 【中国新聞 2012年7月17日(火)】

Tn20120717001401.jpg

 垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの米海兵隊岩国基地への先行搬入に反対する連合山口(杉本郁夫会長)の市民集会が16日、地元岩国市の市民会館であった。中国5県から集まった約千人が搬入反対を誓うアピール案を採択するなど日米両政府に強く抗議した。

 集会には中国5県の連合のほか、岩国市の福田良彦市長、地元選出の平岡秀夫民主党衆院議員、民主、社民の山口県議、共産を含む地元市議も参加。杉本会長は「反対の声を日米両政府に届けよう」と呼び掛け。福田市長も「搬入阻止を最後の最後まで頑張る」と決意表明した。

 連合中国ブロック連絡会の伊丹幸男代表幹事(連合広島会長)は「国民の生命財産を守るのが政府。連合は、これを果たさぬ政権を支える意味はない」と訴え。最後に、オスプレイの安全性を疑問視し安全性が確保されない搬入への反対を誓うアピール案を採択、阻止へ気勢を上げた。

【写真説明】オスプレイの先行搬入などに反対し団結して気勢を上げる参加者(岩国市山手町)

  1. 2012/07/17(火) 16:32:02|
  2. 情報

オスプレイ導入「最良でない」 海兵隊将校ら07年に論文で指摘

オスプレイ導入「最良でない」 海兵隊将校ら07年に論文で指摘 【琉球新報 2012年7月15日(日)】

 【米ワシントン12日=松堂秀樹本紙特派員】垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの導入をめぐり、米軍内からも異論が出ている。海軍大学院大学(カリフォルニア州)に在籍していた海兵隊将校らが2007年に「傾斜式回転翼(ティルトローター)かヘリコプターか」という論文を発表。オスプレイと英海軍などが使用するヘリコプターのEH101との性能や費用対効果などを詳細に比較し、オスプレイの航続能力などを疑問視し「総合的に判断し、海兵隊が必要とする中規模輸送機として最良の選択ではない」と結論付けていた。

 論文は海兵隊のストーザー、空軍のザモラ、海軍のデイ氏の3人の少佐の共著。経営学修士(MBA)の評価法を用いて「先入観を排除して」オスプレイ導入が最善の選択か、分析することが目的としている。

 日本政府はオスプレイ配備について「(CH46ヘリと比べ)速度は2倍、搭載量は3倍、行動半径は4倍と高性能。抑止力が高まる」(玄葉光一郎外相)とし、脅威が高まっているとする中国や北朝鮮への抑止力を高めるとの認識を示している。

 防衛省も同機の行動半径が尖閣諸島や台湾、中国まで達する図を作成。オスプレイが沖縄から近隣諸国に直接飛行するかのような印象を与えている。

 だが、米軍幹部は論文でオスプレイのスピードを評価したものの、行動半径については「ヘリによる作戦はほとんど基地の直近で行われる」と指摘し、オスプレイの特長とされる長い行動半径を最低値で評価。さらに、オスプレイが飛行中に機体に付着する氷を取り除く除氷装置の不具合で過去に緊急着陸したことを挙げ「危険を避けるためオスプレイは長い行動範囲の航続力は活用せず、強襲揚陸艦で運ばれている」と指摘し、航続力が十分に活用されず、通常のヘリ同様、強襲揚陸艦に頼っていることを明らかにした。

 幹部はオスプレイとEH101の機動力、生還能力、保全性、取得費などをMBA独自の評価法を用いて比較。スピードでオスプレイが勝るとしたものの「それで得られる効果はわずか」と指摘。兵員や貨物の搭載能力に類似性があるEH101は、英国やカナダ、イタリア軍などで運用されており、米大統領専用ヘリ「マリーン・ワン」に選ばれた(現在は予算高騰で計画中止)ことを挙げ、「スピードは信頼性や保全性に相殺される。オスプレイは最良の選択ではない」と結論付けた。



  1. 2012/07/16(月) 14:07:24|
  2. 情報

宮森小事故の映画「ひまわり」撮影スタート

宮森小事故の映画「ひまわり」撮影スタート 【沖縄タイムス 2012年7月15日(土)】

20120715_0957_S1uayl6z_r.jpg
撮影現場で子役たちに演技指導をする及川善弘監督(中央)=14日、読谷村高志保

 1959年に米軍ジェット機が旧石川市宮森小学校へ墜落し、児童と住民18人が犠牲になった事故を伝える映画「ひまわり―沖縄は忘れない、あの日の空を―」(及川善弘監督)の撮影が14日、うるま市伊計島や読谷村内で始まり、俳優の長塚京三さんや県内から選出された子役たちが真剣な表情で演技に臨んだ。

 主人公・山城良太役の金森喜祐君(桑江中1年)=北谷町=は「将来があるのに亡くなってしまった子どもたちの気持ちを考えて演技したい」と引き締まった表情。良太と仲良しの上原一平を演じる神谷優羽雅君(白川小3年)=八重瀬町=は「事故のことは絶対に忘れてはいけない。みんなに伝わるように頑張りたい」と意気込んだ。

 及川監督は「事故を語り継ぐことが明日を生きる力になる」と強調。オスプレイ配備問題についても「沖縄だけに押し付けるのは納得できない」と、現在も墜落事故の危険と隣り合わせの現状を憂慮した。

 撮影は8月2日まで約2週間、県内で行われ、12月完成予定。来年1月に一般公開される。

  1. 2012/07/16(月) 14:05:44|
  2. 情報
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。