米軍犯罪被害者救援センター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

復帰後、在沖米軍の刑法犯が最少 飲酒規制効果か

復帰後、在沖米軍の刑法犯が最少 飲酒規制効果か 【琉球新報 2014年3月4日(火)】

 沖縄県警が昨年1年間に摘発した米軍人・軍属やその家族の刑法犯の件数は32件と前年2012年(54件)の4割減となり、1972年の日本復帰から最少だったことが4日、明らかになった。外務省沖縄事務所は、12年末から在沖米軍が基地外での飲酒を規制している効果を指摘している。

 米軍関係者の事件・事故の防止をテーマにした日米両政府などの実務者会議が4日、同事務所であり統計が報告された。

 統計をまとめた県警などによると、刑法犯のうち最も減り方が大きかったのが「公務執行妨害・住居侵入・器物損壊など」で、前年29件から11件となった。
(共同通信)
スポンサーサイト
  1. 2014/03/15(土) 16:36:31|
  2. 情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。