FC2ブログ

米軍犯罪被害者救援センター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日米共同訓練:騒音や事故を懸念 市民団体、千歳市に反対要請 /北海道

 「訓練移転」や「負担軽減」という言葉が嘘だろう、という視点から記事を読むと、米軍と日本国の対応が納得できると思います。共同訓練はロードマップに基づき、日米の軍事関係を、米軍と自衛隊という実際の現場から強固にすることを目的とし、そのために自衛隊基地のあるところで演習をする必要があるからなされているわけです。
 本音を告げず、政府の言う「負担軽減を目的に」しているとの公式見解を強調するかのような記事の締めくくり方には、マスコミとしての責任の自覚はあるのか、と問いたいです。
日米共同訓練:騒音や事故を懸念 市民団体、千歳市に反対要請 /北海道【毎日新聞 11月6日(土)】

 ◇効果に疑問の声も
 在日米軍再編に伴う日米共同訓練が、8日から航空自衛隊千歳基地で行われる。訓練は4回目だが、今回は初めてタイプ2(米軍機6~12機、期間8~14日間)に拡大され、参加機数は過去3回のタイプ1(米軍機1~5機、期間1~7日間)の倍以上となる。地元からは騒音や事故への懸念の声や、訓練移転の効果に対する疑問の声も上がっている。
 5日には千歳市の市民団体「米軍問題を考える会」(平井史郎代表)が訓練移転反対の要請書を市に提出。安全対策徹底のほか、当初の目的である沖縄の負担軽減への効果が十分に示されていないとして、「実際に騒音などの迷惑を被る市民の立場になって説明してほしい」と訴えた。市側は「具体的な負担軽減の成果について、現段階では国から示されていない。訓練には万全の態勢を取る」と答えた。市は期間中、連絡室を設置して緊急事態に24時間対応する。6日には連合北海道などが市内で反対集会やデモ行進を行う。
 共同訓練は06年策定の「再編実施のための日米のロードマップ」に基づく。米軍基地を抱える自治体の負担軽減を目的に、訓練の場所を千歳など全国6基地に移して行う。【円谷美晶】

スポンサーサイト
  1. 2010/11/08(月) 06:29:37|
  2. 情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。