米軍犯罪被害者救援センター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

愛宕山開発事業:岩国市長が防衛相に要望--野球場の仕様など /山口

愛宕山開発事業:岩国市長が防衛相に要望--野球場の仕様など /山口【毎日新聞 2010年11月25日】

 米軍再編に伴う空母艦載機の岩国基地移転をめぐり、岩国市の福田良彦市長は24日、北沢俊美防衛相らと会談した。防衛省が「愛宕山地域開発事業」跡地の買い取り後に計画している運動施設などについて福田市長は、市民らの意見を盛り込んだ施設充実のための要望書を提出。そのうえで「今回の要望に対して国が特段の対応を図るのであれば、配置案を了とするのもやむを得ないと考えている」としている。

 福田市長は同省で北沢防衛相、安住淳副大臣、外務省で山花郁夫・外務政務官と相次いで会談し、要望書を提出した。

 愛宕山跡地の施設配置について(1)野球場は両翼100メートル、中堅122メートル規模でナイター設備、スタンドのある高校野球の公式戦仕様(2)陸上グラウンドはトラックが8レーンでインフィールドでサッカーができる仕様(3)バスケットボールコートなど一定数の屋内施設整備--などを求めた。また、艦載機移転に伴う基地滑走路の運用時間を、現在の「午後11時まで」から1時間繰り上げて「午後10時まで」としたうえで、日米合同委員会で合意するよう求めた。

 福田市長によると、愛宕山施設整備について、北沢防衛相は「市民にとって良いものができたと思われるように努力したい」と語ったという。運用時間の短縮と日米合意について、山花政務官は「要望に沿えるように努力する」と述べたという。【大山典男】

〔山口東版〕
スポンサーサイト
  1. 2010/11/29(月) 06:27:30|
  2. 情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。