米軍犯罪被害者救援センター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アパートに米兵遺体 殺害か、首に「刃物」傷

アパートに米兵遺体 殺害か、首に「刃物」傷 【琉球新報 2月7日(月)】

 6日正午ごろ、北谷町美浜1丁目のアパート4階の一室で、この部屋に住む在沖米空軍所属の米兵男性の遺体が発見された。近隣住民によると、同日未明、アパート1階で複数の男女が騒いでいたほか、1組の男女が口論しながら4階の米兵宅に入っていったという。沖縄署は米兵が何者かに殺害された可能性があるとみて日米地位協定に基づき、米軍当局の協力を得て捜査している。

 沖縄署によると、死亡したのは在沖米空軍嘉手納航空基地第733空輸機動中隊の1等軍曹カーティス・エバン・エクレストンさん(30)。午後1時23分に発見現場で死亡が確認された。エクレストンさんの首の左部分に刃物のようなもので切られた6センチほどの傷があり、多量に出血していたという。発見時に死後硬直が始まっていることから同日朝方までに死亡した可能性が高いとみられる。凶器は見つかっていない。室内に争ったような形跡はなかったが、玄関は無施錠だった。

 近隣住人によると、同日午前1時ごろ、外国人男性4、5人と女性1人が1階駐車場で騒いでいた。その後、男女2人が口論しながら階段で4階に上がり、エクレストンさんの部屋に入っていたのを目撃している。

 同日正午ごろにアパートを訪ねた米軍人の知人男性が玄関付近で血を流してうつぶせで倒れているエクレストンさんを発見し、憲兵隊に通報。憲兵隊が沖縄署に通報した。

 事件現場は、北谷町立桑江中学校に近く道路を挟んで数メートルしか離れていない。同町美浜などの繁華街にも近い。

 日米地位協定は、被疑者と被害者が米軍関係者の事件の場合、米軍側に第一次裁判権があり、県警の捜査は憲兵隊の支援にとどまる。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/08(火) 07:55:37|
  2. 事件
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。